Exhibitions

Lugpliw Junpudsa 個展「A Daughter’s Love?」− ARDEL’s Third Place Gallery

Thai

ARDEL’s Third Place Gallery

Jul 16 - Aug 22, 2020

Bride & Groom? (part)
All images by courtesy of the artist

「A Daughter’s Love?(娘の愛?)」


「彼は電話してきた?」私の生涯のパートナーが数日、数ヶ月、数年にわたって姿を消したときの、母からの質問だった。

はい、私たちの愛は終わりました。私の人生の半分以上の間、私がもっと長く続くことができると思った最高の時期だったので、辛い。本当のことを言えば、そうではなかった。あなたの甘美な唇のためにあなたを愛してくれる人がいれば、彼はやがてより良い唇を見つけるでしょう。では、どうする?


その通り! だからこそ、私は「愛」の定義に疑問を持ち続けてきました。


(Lugpliw Junpudsan によるアーティストステートメント)

愛は私たちの周りの空気に浸透しています。両親や家族の無償の愛、他人へのロマンチックな感情、友人、同僚、知人、ペットなどの友愛の関係、場所や風景、好きな食べ物への魅力なども、人生を充実させ、意味を与えます。愛は人生がもたらすあらゆる動きに共鳴するメロディです。しかしそうであっても、愛は不滅から逃れることはできません、それは御仏の教えによって明らかにされた、永遠の真理なのです。

愛は関係性の種類によって異なります。またこの世の他のどんなことでもそうであるように、成長し、枯れ去り、時として、関係する人々の間に肯定的または否定的な親密感を生み出すことがあります。こうしたことが、ナコーンラーチャシーマー県ヤーモーの地に住む小柄な彫刻家、Lugpliw Junpudsaの最新作品シリーズにインスピレーションを与えたものでした。

シラパコーン大学彫刻科の芸術講師、絵画・彫刻・グラフィックアート教師である Lugpliw Junpudsaは、自分のライフストーリーと体験を生かし、キャリアの初期から、母性と母性愛のアレゴリーとして組み合わせた骨盤を取り入れながら、立体美術作品を作り出しています。彼女のトレードマークである、マタニティというテーマと骨盤模様の探求は、最新の個展「A Daughter's Love?」の数々の作品群を通してさらに探索されています。

Lugpliw は、二種類の愛を議論の主なポイントに選びました。一つは思いがけない別れの愛です。20年間一緒に過ごした後、最後の別れは、そのようなロマンスを彼女に疑わせることになりました。もう一つの愛は、強さと創造力の後押しが必要なときにはいつでも、暖かい抱擁で子供を慰めようとしてくれる母の愛です。

  • “Love? 1”

  • “Love? 2”

このシリーズでは、男女の愛のシンボルであるハート型のファイバーグラス彫刻をはじめ、数々の魅力的な作品を紹介しています。「Love? 1(愛? 1)」では、愛情とその雨の後の虹のような一瞬の出現を象徴する7色のスペクトルを用いているのに対し、「Love? 2(愛? 2)」では、妊娠といった女性にのみ属する仕事に見られるような、ジェンダーに左右される関係性に取り組んでいます。ステンレス鋼とファイバーグラスの「Engagement Ring? 1(婚約指輪? 1)」と「Engagement Ring? 2(婚約指輪? 2)」は、銀と金のリングに骨盤のかたちに形作った構造物を宝石のように装飾して、お産と所有を表しています。

  • “Engagement Ring? 1” (left)

  • “Engagement Ring? 2”

骨髄とタイの結婚式で使われる神聖な花輪の形で提示された「Bride & Groom?(花嫁と花婿?)」は、コレクションの中でも最も特徴的な作品の一つとなりました。まるで結婚をあざけるかのように、人形や小さなおもちゃが花に取って代わられています。同様に「Longing for Love?(恋に憧れる?)」では、陰部から長い白髪が伸びた骨格を陳列し、永遠の待ち時間を暗示しています。さらに展覧会のもう一つのハイライトは「Puppy Love?(子犬の恋?)」で、アーティストが自身の陰毛を使ってできたショッキングピンクのハートを展示し、恋の裏に隠された性衝動への辛辣な皮肉となっています。

  • "Bride & Groom?"

  • "Bride & Groom?" (part)


  • “Longing for Love?” (front)

  • "Puppy Love?"

このシリーズは愛の目的を問うことに大きく依拠しているにもかかわらず、アーティストは美術の基本原則である美学を維持することに成功しています。こうした魅力は、三つの骨盤を交差して花かんむりに似せた「Love Flower?(愛の花?)」や、ピンク色の犬の群れをつなぎ合わせ、その始まりの部分から連続して広げていった「Begin with Us?(私たちから始める?)」の中に現れています。すべての彫刻は、美しさと奥深いメッセージの両方を表現するため、意図的に既成概念を用いてデザインされています。

  • "Begin with Us?"
    2020,
    resin,
    240 x 245 x 11 cm

  • "Begin with Us?" (part)

展覧会「A Daughter’s Love?」は、母親の揺るぎない愛の中に逃げ場を求める女性の物語を反映しています。嵐がどんなに激しく襲っても、母はいつも自分の子供を愛し、大切にするでしょう。それぞれの芸術作品は、アーティストの愛の役割についての理解を描きだすと同時に、古い循環から自分を解放するために彼女が旅する新しい道のりを示しています。アーティストとして、内省、形態選択、素材の組み合わせ、造型プロセスを続けるその旅は、本個展で観客の徹底的な思索を引き起こします。

作家プロフィール:

Lugpliw Junpudsa
1980年、タイ、ナコーンラーチャシーマー県生まれ



Teaching and Lecturing
Present: Lecturer, Department of Sculpture, Faculty of Painting Sculpture and Graphic Arts, Silpakorn University
2008-2012: Lecturer, Department of Sculpture, Faculty of Fine and Applied Arts, Mahasarakham University

Education
2016-2017: Italian government scholarship, Diploma accademico di i livello-indirizzo scultura, Accademia di belle arti di Firenze, Italy
2005-2007: Master of Fine Arts (Sculpture), Faculty of Painting Sculpture and Graphic Arts, Silpakorn University, Bangkok, Thailand
1999-2003: Bachelor of Fine Arts (Sculpture, 2nd Class Honor), Faculty of Painting Sculpture and Graphic Arts, Silpakorn University, Bangkok, Thailand
1996-1998: Certificate of Vocational Education Program, Faculty of Fine Arts, Rajamangala University of Technology Isan, Nakhon Ratchasima, Thailand

Awards and Honors
2018 - Gold Medal, 19th International Calligraphy Exhibition, Tokyo Metropolitan Art Museum, Japan
2014 - 1st Prize, Sculpture Competition on the Occasion of the 25th Anniversary of Supalai Public Company Limited, Thailand
2013 - Creative Research Scholarship from the National Research Council of Thailand; “10 Thai Contemporary Artists Award” at The Ministry of Culture, Royal Thai Consulate - General, Los Angeles, USA
2009 - 2nd Prize, The 3rd Amata Art Award
2006 - UDC Scholarship, Teacher Development Program for Mahasarakham University, Thailand; 2nd Prize, “Thonburi Rotary Club Sculpture Art Award”, Bangkok, Thailand
2005 - 1st Prize, “The 5th Thailand Art of Stucco Exhibition 2005”, Bangkok, Thailand
2004 - 3rd Prize, The 1st Amata Art Award, Thailand
2002 - Scholarship from General Prem Tinsulanonda Statesman Foundation; Silpakorn Pradit Award, The 20th Exhibition of Contemporary Art by Young Artists
2000 - Scholarship granted by Ajarn Chalermchai Kositpipat
1999 - Ganesha Scholarship
1998 - Misiem Yipintsoi Scholarship

Solo Exhibitions
2016 - 365 Days: My Travel Diary Sculptures (Italy & France) at Accademia di Belle Arti di Firenze, Italy
2014 - “Mother: The Virtue of All Mankind” at The Sense Pinklao, Bangkok, Thailand

Selected Group Exhibition
2019 - KWCA International Women Ceramist Festival Exhibition at Woljeon Museum of Art Icheon, South Korea; INTERNATIONAL ART EXHIBITION AND ACADEMIC COLLABORATION ISI YOGYAKARTA SILPAKORN UNIVERSITY at the Gallery of Art and Design, Silpakorn University, Bangkok, Thailand; “Anthropocene”, The 36th Art Exhibition by Members of the Faculty of Painting Sculpture and Graphic Arts, Silpakorn University, Thailand; INTERNATIONAL ART WORKSHOP 2019 by the Faculty of Painting Sculpture and Graphic Arts, Silpakorn University, Thailand; Hiku-Sculpture International Exhibition for Art Universities in Asia, Tokyo, Japan; “Art from Banyan Tree” at H.R.H. Princess Sirindhorn PSG Art Gallery, Faculty of Painting Sculpture and Graphic Arts, Silpakorn University Sanam Chandra Palace, Nakhon Pathom, Thailand
2018 - The 35th Art Exhibition by Members of the Faculty of Painting Sculpture and Graphic Arts, Silpakorn University, Thailand; 1st Thai Contemporary Art Auction on the occasion of 33rd anniversary of River City Bangkok Shopping Centre, Thailand; The Sculpture Project of 21st Century “Hybrid Sculpture” by the Department of Sculpture, Faculty of Painting Sculpture and Graphic Arts at Sanam Chandra Palace Library, Silpakorn University, Thailand; 19th International Calligraphy Exhibition at Tokyo Metropolitan Art Museum, Japan; 13th Art International Workshop at Pohchang Academy of Arts, Bangkok, Thailand
2017 - Hiku-Sculpture International Exhibition for Art Universities in Asia, Tokyo, Japan; “In Loving Remembrance”, The 34th Art Exhibition by Members of the Faculty of Painting Sculpture and Graphic Arts, Silpakorn University, Thailand; Thai and Korea Contemporary Art at H.R.H. Princess Sirindhorn PSG Art Gallery, Nakhon Pathom, Thailand
2016 - Student Art Exhibition 2015-2016 at Accademia di Belle Arti di Firenze, Bologna, Italy
2014 - “Cubic Museum” Art Exhibition Exchange between Aichi University of the Arts, Japan and Silpakorn University, Bangkok, Thailand; “Langkawi Art Biennale 2014”, Malaysia; The 3rd Neo Barbarian Thailand - Indonesia Art and Culture Exchange Project 2014 at Hof Art Residency, Bangkok, Thailand; Art Exchange: Workshop and Exhibition at HCMC University Fine Arts, Vietnam; Art Project for Andaman Art Museum, Krabi, Thailand
2012 - “SAYINGS OF SILPA BHIRASRI” to commemorate 120th anniversary of Professor Silpa Bhirasri
2011 - “Art No Wall Project 2011” at The Faculty of Fine and Applied Arts, Khon Kaen University, Thailand; “Art Exhibition Thai-Nordic 2011” at Silpakorn University Sanam Chandra Palace Campus, Nakhon Pathom, Thailand
2010 - “Art No Wall Project 2010”, Gwangju, South Korea
2006 - “The 8th Oita Asian Sculpture Exhibition” at Fumio Asakura Museum of Sculpture, Japan

Information

A Daughter’s Love?

開催期間
2020年7月16日〜8月22日
会 場
ARDEL’s Third Place Gallery
Sukhumvit 55, Thonglor soi 10, Bangkok, 10170
電 話
+66-2422-2092
URL
https://www.ardelgallery.com/

著者: auraartadmin